ボイスメールの基本的な操作

操作の流れ

メールボックスサービスを利用するときの、基本的な操作の流れは次のとおりです。

  1. 受話器を上げる。
  2. 8 3 9 を押す。
    839は、ボイスメールセンター呼出の特番(初期値)です。

    ガイダンス「音声サービスセンターです。ボックス番号をどうぞ」

  3. 自分のメールボックス番号を押したあと、# を押す。
    操作している電話機に対応するメールボックスにアクセスする場合は、#だけを押して手順4 に進むこともできます。
    例:自分のボックス番号が100 番の場合、100# と押します。
    ガイダンス「パスワードをどうぞ」
    パスワードを設定していない場合は、手順5 に進んでください。
  4. パスワードを入力したあと、# を押す。
    例:自分のパスワードが「1234」の場合、1234# と押します。
    ガイダンス「サービスコードをどうぞ」
  5. サービスコードを入力する。
    利用するサービス機能に該当する、サービスコードのダイヤルボタンを押してください。サービス機能にオプション機能がある場合は、音声ガイダンスに従って該当するオプションコードのダイヤルボタンを押してください。
    詳しくは『サービス・オプションコード一覧表』を参照してください。
  6. * # を押す。
  7. 受話器を戻す。
こんなときは
パスワードについて
パスワードはメールボックスごとに設定できます。メールボックスを自分専用で使いたいときなどに設定してください。詳しくは『パスワードを設定する』を参照してください。
ボイスメールセンター呼出の特番とは
音声サービスセンターを呼び出すための番号で、工事段階で決められています。システム管理者に確認してください。
システム管理者とは
お客様側で、ボイスメールの使用状況などを管理していただく方です。ボイスメールの、どのサービスを利用するかなどを、工事者と相談して決めます。また、ボイスメールの運用開始後に、必要に応じて設定の変更なども行います。
ボイスメールのご使用にあたり、不明点などがある場合には、システム管理者にご相談ください。
Pocket
LINEで送る