ほかの内線や仮想の内線番号を使う

本来の内線番号のほかに、次のような内線番号を持つことができます。

  • ほかの内線番号(実内線番号)
  • 架空の内線番号(仮想内線)
  • 内線代表番号(仮想内線)

これらの内線番号は、多機能電話機のファンクションボタンに割り付けて使うことができます。

仮想内線の利用例

<実内線番号/仮想内線番号> 工事
仮想内線ボタンは、次のように利用します。

かけかた

自分の電話機からや部署内の電話機から、発信を規制されている相手先に電話をかけたいときなどに使います。

  • ほかの人の外線を使って電話をかける
    ほかの人の内線番号(実内線番号)を割り付けたボタンを押すと、その人の電話機で発信が許可されている相手先に電話をかけることができます。
【イメージ】ほかの人の外線を使って電話をかける

受けかた

<仮想内線着信への応答>
ほかの人や部署あての電話を、代理で受けるときなどに使います。部署の内線番号を決めるときは、架空の内線番号を使うことができます。

  • ほかの人あての電話を代理で受ける
    ほかの人の内線番号(実内線番号)を割り付けたボタンを押すと、その人あての電話に代理で応答することができます。

    【イメージ】ほかの人あての電話を代理で受ける
  • 部署あての代表番号のように使う
    部署内の電話機に、同じ内線番号(仮想内線番号や内線代表番号)の仮想内線ボタンを割り付けておくと、その部署あての着信時にはすべての電話機が鳴り、どの電話機からでも応答できるようになります。

    【イメージ】部署あての代表番号のように使う

仮想内線ボタンを使う

工事

内線へのかけかた

  1. 仮想内線ボタンを押す
    仮想内線ボタンにほかの人の電話機の内線番号が割り付けられている場合、その人の電話機の内線ボタンも赤点灯します。
  2. 内線番号を押す
    内線番号を押す
  3. 相手が出たら、通話する
    相手の電話機には、電話をかけてきた人の本来の内線番号ではなく、仮想内線番号が発信元として表示されます。

    相手が出たら、通話する
注意
ほかの人の内線番号を使用して発信している間は、その内線番号を使われている人の電話機に“使用中”と表示され、電話がかけられません。

外線へのかけかた

  1. 受話器を上げる
  2. 仮想内線ボタンを押す
  3. 0 を押す
    0 は、外線発信番号です。
    “ツー”という音が聞こえます。
  4. 電話番号を押す
  5. 相手が出たら、通話する
こんなときは
仮想内線ボタンと相手の電話番号で電話をかけられるようにしたい
上記手順3 を省略することができます。この場合、工事段階の設定が必要です。詳しくは、販売店にご相談ください。

仮想内線へのかけかた

  1. 受話器を上げる
  2. 仮想内線番号を押す
  3. 相手が出たら、通話する
こんなときは
部署あての代表番号として仮想内線を使っている場合
仮想内線ボタンが割り付けられ、着信音指定されている電話機の着信音が鳴ります。

受けかた

  1. 仮想内線に着信中
    仮想内線ボタンが赤点滅します。
  2. 受話器を上げる
  3. 仮想内線ボタンを押す
  4. 相手と通話する

保留のしかた

  1. 仮想内線ボタンを使って通話中
  2. 保留 を押す
    仮想内線ボタンが緑点滅します。
  3. 受話器を戻す

これで、通話が保留できました。

こんなときは
保留にした通話を再開したい
仮想内線での通話を保留にすると、仮想内線ボタンが次のように点滅します。

  • 保留した人の仮想内線ボタン:緑点滅
  • ほかの人の仮想内線ボタン:赤点滅

通話を再開するときは、点滅中の仮想内線ボタンを押します。