受話器を置いたまま通話する

<ハンズフリー通話>
受話器を置いたまま、多機能電話機のマイクとスピーカを使って通話します。ハンズフリー通話を利用するには、あ
らかじめマイクの設定が必要です。

こんなときは
ハンズフリー通話は、シングルゾーンデジタルコードレス電話機では利用できません。

マイクを設定する

設定のしかた

  1. 特殊 を押す
  2. 1 を押す
  3. マイクランプが赤点灯する
    これで、マイクが設定できました。
    以降は、受話器を置いたままでも、こちらの声が相手に聞こえます。

解除のしかた

  1. 特殊 を押す
  2. 1 を押す
  3. マイクランプが消灯する
    これで、マイクが解除できました。
こんなときは
受話器を上げるタイミング
受話器を上げてからワンタッチボタンを押しても、かけることができます。
ワンタッチボタンや短縮番号を組み合わせて使いたい
次のようにかけると、登録されている番号が連続して送出されます(チェーンダイヤル)。

  • 複数のワンタッチボタンを続けて押す
  • 短縮番号とワンタッチボタンを続けて押す

例えば、短縮番号001 に客先の代表番号を登録し、ワンタッチボタンに相手部署の内線番号を登録した場合は、次のようにかけます。
十字キーの左(再/短) → 001 → ワンタッチボタン

かけかた

受話器を置いたまま電話をかけて、相手と通話します。

  1. マイクランプが赤点灯していることを確認する
    消灯していたら、ハンズフリー通話ができません。マイクの設定をしてください。
  2. 発信 を押す
  3. 電話番号を押す
  4. 相手が出たら、通話する
  5. 電話を切るときはスピーカ を押す

受けかた

受話器を置いたまま電話を受けて、相手と通話します。

  1. 外線から着信中
  2. 応答 を押す
  3. 相手と通話する
  4. 電話を切るときはスピーカ を押す
こんなときは
マイク設定中に内線から音声で呼び出されると
着信と同時に内線通話がつながり、かけてきた相手の声が聞こえ、通話することができます(内線トークバック)。
受話器を置いたまま内線通話をする
発信/応答ボタンの替わりにスピーカボタンを押すことで、受話器を置いたまま内線通話ができます。
こんなときは
ハンズフリー通話中は、次のことに注意してください。
  • マイクから1m 以内でお話しください。
  • 交互にお話しください。相手先と同時に話すと、音切れが発生する場合があります。
  • 音声が反響しやすいところや、周囲の騒音が大きいところでは、受話器で通話してください。
  • 音量を最大にしても相手の声が小さいときは、受話器で通話してください。
  • 天気予報や時報など、相手の声を聞くだけのときは、マイクを解除してください。

通話中の切り替えかた

  1. 外線または内線と通話中
  2. 特殊 を押す
  3. 1 を押す
    マイクが設定されていたときは解除され、解除されていたときは設定されます。

以降、上記の操作をするたびに、設定が切り替わります。

こんなときは
よくハンズフリー通話を利用する方へ
電話機のファンクションボタンにマイクボタンを割り付けておくと、このボタンを押すだけで利用できます。詳しくは
ファンクションボタンへの機能登録について』を参照してください。
Pocket
LINEで送る