文字を入力する

入力のしかた

各ボタンを押したときに表示される文字は、『文字入力一覧表』を参照してください。

こんなときは
文字入力モードと表示について
フックボタンまたは電話帳ボタンを押すごとに、文字入力モードが次のように切り替わります。
• 漢全:全角ひらがな・漢字入力モード

• カナ半:半角カタカナ入力モード

• 英半:半角英字入力モード

• 数半:半角数字入力モード
濁点、半濁点を入力するには
全角ひらがな・漢字、半角カタカナ入力モードで、*を押します。
表示可能な漢字について
JIS X 0208:1990/1997 の文字規格に対応しています。

例:”鈴木部長 PHS”と入力する場合

  1. “すずき”と入力する
    3 を3 回(す)、“→”のソフトキーまたは十字キーの右、3 を3 回(す)* を1 回(゛)、2 を2 回(き)と押します。

    “すずき”と入力する
  2. “変換”のソフトキーを押す
    変換候補が表示されます。

    “変換”のソフトキーを押す
  3. 1 を押す
    変換結果が確定されます。

    1 を押す
  4. “いちろう”と入力する
    1 を2 回(い)、4 を2 回(ち)、9 を5 回(ろ)、1 を3 回(う)と押します。
  5. “変換”のソフトキーを押す
    変換候補が表示されます。

    “変換”のソフトキーを押す
  6. 1 を押す
    変換結果が確定されます。

    1 を押す
  7. フック を2 回押して、文字入力モードを半角英字入力モードに切り替える
    フックを2 回押して、文字入力モードを半角英字入力モードに切り替える
  8. # を押す
    半角スペースが入力されます。
  9. “PHS”と入力する
    7 を1 回(P)、4 を2 回(H)、7 を4 回(S)と入力します。

    “PHS”と入力する
  10. 十字キー真ん中(確定)または 保留 を押す
    入力した名前が確定されます。

これで、名前を入力できました。

こんなときは
文字の入力を間違えた
間違えた文字の上または右にカーソルを移動して、特殊ボタンまたはクリアボタンを押すと、1 文字ずつ消去できます。