電話を取り次ぐには <転送>

こんな機能です

かかってきた電話をいったん保留にして、他の人に代わってもらうことができます。

こんな使いかたができます

電話を代わってもらいたい相手が自分の近くにいるときは、直接口頭で用件を伝えたあとに、電話を代わってもらいます。
また、相手が自分と離れた場所にいるときは、内線で呼び出して用件を伝えたあとに、電話を代わってもらいます。

近くの人に取り次ぐ

例: Aさんが Bさんに、口頭で外線通話を取り次ぐ場合

  1. Aさんが通話中
  2. 保留 を押す。
    外線ボタンが緑点滅します。通話の相手に保留音が流れ、通話が保留されます。
  3. 受話器を戻す。
  4. 口頭で保留中の外線番号を伝える。
  5. Bさんが受話器を上げる。
  6. 外線(赤点滅)を押す。
    Aさんから聞いた外線番号のボタンを押します。
    外線ボタンが緑点灯に変わります。

Bさんは、外線の相手と通話します。

離れた人に取り次ぐ

例: Aさんが Cさんに内線を使って外線通話を取り次ぐ場合

  1. Aさんが通話中
  2. 保留 を押す。
    外線ボタンが緑点滅します。
    通話の相手に保留音が流れ、通話が保留されます。
  3. Cさんの内線番号を押す。
  4. 内線通話で用件を伝える。
    Aさんは用件を伝えます。
    Cさんは受話器を上げたまま待ちます。
  5. Aさんが 転送 を押す。
    保留されていた通話が自動的に Cさんにつながります。

Cさんは、外線の相手と通話します。

こんなときは
転送ボタンを押さずに転送できるようにしたい
受話器を戻すだけで転送するには、工事段階での設定が必要です。
Pocket
LINEで送る