外線毎の自動転送先登録

外線からの着信を、そのまま転送する<外線自動転送>

例えば、就業時間後や休日にかかってきた電話を、自宅の電話や携帯電話に自動で転送します。この通話の間、2つの外線を使います。

外線毎の自動転送先登録先登録のしかた

最初に、転送する電話番号の収容ポート番号を確認します。
確認のしかた ヘルプボタンを押して、収容しているファンクションボタンを押します。
局線ポート番号が表示されます。Exitボタンを押す。

<外線毎の自動転送先登録>

  1. スピーカ を押す
  2. * 0 8 を押す。
    外線毎の自動転送先登録の特番(初期値)です。
  3. 転送する外線ポート番号を押す。
    2桁もしくは3桁で入力(ご使用のCPUにより異なる。)
  4. 自動転送を行いたい時間帯の番号を押す
    時間帯は、1~8 の中から選ぶことができます。
    時間帯1~8 の詳細は、「運用モードについて」を参照してください。
  5. 転送先の電話番号を押す
  6. 保留 を押す
  7. スピーカ を押す

これで、外線自動転送の転送先の登録と、転送の設定ができました。

こんなときは
【外線NO.】は局線ポート番号です。確認の方法は、Helpボタンを押し対応するファンクションボタンを押して局線ポートの確認します。

設定のしかた

  1. スピーカ を押す
  2. * 0 6 を押す。
    *06は、外線毎の自動転送設定の特番(初期値)です。
  3. 転送する外線ポート番号を押す
  4. スピーカ を押す

これで、外線自動転送設定ができました。

解除のしかた

  1. スピーカ を押す
  2. * 0 7 を押す
    *07は、外線毎の自動転送解除の特番(初期値)です。
  3. 転送している外線ポート番号を押す。
  4. スピーカ を押す。

これで、外線自動転送が解除できました。

こんなときは
よく外線自動転送を利用する方へ
電話機のファンクションボタンに外線毎の自動転送設定ボタンを割り付けておくと、このボタンを押すだけで転送の設定および解除をすることができます。詳しくは『ファンクションボタンへの機能登録について』を参照してください。
外線毎の自動転送設定ボタンを登録すると
ボタンのランプ表示で、外線毎の自動転送の設定/解除の状態がわかります。
• 外線毎の自動転送が設定されているとき:赤点滅
• 外線毎の自動転送が設定されていないとき:消灯