ユーザープログラミングの概要

ユーザープログラミングでは、システムを運用するための基本設定や電話機ごとの各種設定、着信転送の設定/解除などを、 パソコンのインターネットブラウザ(Internet Explorer)を利用して行うことができます。
ユーザープログラミングのログインレベルは、次の2 つのレベルがあります。

  • UA(ユーザープログラミング1):管理者レベル
    システム管理者専用のログインレベルです。UA レベル用のユーザー名(初期値:USER1)とパスワード(初期値:1111)を使ってログインし、システムの各種設定を行うことができます。

  • UB(ユーザープログラミング2):電話機使用者レベル
    電話機ごとのログインレベルです。内線番号とパスワード(初期値:1111)を使ってログインし、電話機ごとの設定を行うことができます。

ご使用上の注意

ユーザープログラミングは、システムの運用形態を含めて設定することができます。設定方法および設定可能な範囲は、ご利用中のシステムの構成や設定内容によって異なります。ユーザープログラミングを使用する際は、販売店の指導のもとでご利用ください。詳しくは、販売店にご相談ください。

パソコンの動作環境

ユーザープログラミングにアクセスできるパソコンの動作条件は、次のとおりです。必ず動作条件にあったパソコンをご使用ください。

項目動作環境
OSMicrosoft® Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 搭載(32bit 版、64bit 版の双方に対応)
CPUWindows または Internet Explorer の使用条件 に従ってください。
メモリ
ブラウザInternet Explorer 7.0 / 8.0 / 9.0 / 10.0 / 11.0
モニタSVGA(最低:800×600 ピクセル、推奨:1024×768 ピクセル以上)
その他マウス、LAN 接続ポート(RJ-45)

機器の構成

CCPU ユニットのETHERNET コネクタ(RJ-45)およびパソコンのLAN 接続ポート(RJ-45)に、HUB(ハブ)からのLAN ストレートケーブルを接続します。HUB に接続されている最大4 台のパソコンを使って、ユーザープログラミングにログインすることができます。

LAN とインターネットブラウザの設定

ユーザープログラミングにアクセスする前に、LAN ネットワークの接続設定とインターネットブラウザの設定を行います。

LAN の設定

  1. Windows のタスクバーで[スタート]→[コントロールパネル]を順にクリックし、[ネットワーク と共有センター]アイコンをダブルクリックする
    【ネットワークと共有センター】画面が表示されます。
  2. “ローカルエリア接続”欄の“状態の表示”をクリックする
    【ローカル エリア接続の状態】画面が表示されます。
  3. [プロパティ(P)]ボタンをクリックする
    【ユーザー アカウント制御】画面が表示されます。
  4. [続行(C)]ボタンをクリックする
    【ローカル エリア接続のプロパティ】画面が表示されます。
    ※“接続の方法”欄に表示される内容は、パソコンによって異なります。
  5. “この接続は次の項目を使用します(O)”欄の“インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)” をクリックし、[プロパティ(R)]ボタンをクリック する
    【インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ】画面が表示されます。
  6. ネットワークにDHCP サーバがあるかどうかによって、次のことを確認する
    • ネットワークにDHCP サーバがある場合
      “IP アドレスを自動的に取得する”が選択されていることを確認してください。
    • ネットワークにDHCP サーバがない場合
      “次のIP アドレスを使う”を選択し、IP アドレスとサブネットマスクを入力する。
      入力するIP アドレス、サブネットマスクは、システム管理者に確認してください。
    こんなときは
    設定例
    システムを導入時のIP アドレスで運用する場合は、 次のように設定します。

    • IP アドレス :192.168.0.11
    • サブネットマスク:255.255.255.0

    IP アドレスを決めるときは、システム内の機器とIP アドレスと重複しないように注意してください。

  7. [OK]ボタンを2 回クリックする

これで、LAN の設定ができました。

インターネットブラウザの設定

アクティブスクリプトおよびCookie の使用許可を設定します。ここでは、Internet Explorer 7.x の場合を例に説明しています。ほかのインターネットブラウザを使用しているときは設定方法が異なりますので、ご使用のインターネットブラウザのマニュアルなどを参照してください。

  1. Internet Explorer で[ツール]→[インターネット オプション]を順にクリックする
    【インターネット オプション】画面が表示されます。
  2. 「セキュリティ」タブをクリックする
  3. [レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックする
    【セキュリティ設定】画面が表示されます。
  4. スクリプト部にある「アクティブスクリプト」を「有効にする」に設定して[OK]ボタンをクリックする
    【インターネット オプション】画面に戻ります。
  5. 「プライバシー」タブをクリックする
  6. [詳細設定]ボタンをクリックする
    【プライバシー設定の詳細】画面が表示されます。
  7. 「自動 Cookie 処理を上書きする」欄 →「常にセッション Cookie を許可する」欄を順にチェックして[OK]ボタンをクリックする
    【インターネット オプション】画面に戻ります。
  8. [OK]ボタンをクリックして【インターネット オプション】画面を閉じる

これで、インターネットブラウザの設定ができました。

Pocket
LINEで送る